FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメイジング・スパイダーマン (2012)

★★★★★☆☆☆☆☆


―あらすじ―
幼い頃に両親が失踪して、心に傷を抱えたまま叔父
夫婦の元で育った内気な高校生、ピーター・パーカー。
彼は、同級生のグウェンに秘かな想いを寄せる日々。
そんなある日、父の鞄を見つけたピーターは、
父の事を知るオズコープ社のコナーズ博士を訪ねる。
しかしそこで、遺伝子実験中の蜘蛛に噛まれてしまい…。


監督は『500日のサマー』マーク・ウェブ
原作はスタン・リー、スティーヴ・ディッコ
原案はジェームズ・ヴァンダービルト
脚本はジェームズ・ヴァンダービルト
アルヴィン・サージェント、スティーヴ・クローヴス
主演はアンドリュー・ガーフィールド
ヒロインに『ゾンビランド』エマ・ストーン
共演はリス・エヴァンス、デニス・リアリー等。
サム・ライミ監督の実写3部作からのリブート。136分。

amazingspiderman.jpg

ピーター・パーカー、テメー正体隠す気無いだろっ!
どんだけマスク取って取られてんねん!!


サム・ライミが監督を降板した事で、
シリーズ第4作目はまさかのリブート。
という訳で、否が応にもライミ版の『スパイダーマン』
比べてしまうのだが、それにより本作の出来も分かり易く
振り返っていける。
…と、言いたい所だが、事細かに見ていかずとも、もう
分かり切っている『ライミ版』>『アメイジング』という現実。

“力”を使う事で伴う“責任”をライミ版は描いていた。
本作では、失踪した両親のエピソードもあれば、叔父の
絶命の責任もより明確に主人公ピーター・パーカーにある。
ならば、ライミ版以上に“力”を使う事に対して踏み込んで
描出していける筈なのに、それが出来ていないのだ。

映像が素晴らしく、興奮モノのアクションが映し出される。
だが、その一方でストーリーへの無関心さが窺える…ってか
全てが薄々のペッラペラなのだ。
続編ありきの謎残しは、次回への惹きになる以上に
本作での不可解さへと直結してるし、全体的にも
中途半端な感じを残してしまっている。

・両親の死の真相。
・それに関わっているだろう“あの人”。
・ベン叔父さん殺しの真犯人。
・ピーターがヒーローへと決意する過程。
・ピーターに対する学校のイジメッ子の心情。
・グウェンがピーターに魅かれる心情の機微。
・市民が、スパイダーマンをどう捉えているのかの描写。


…等々。
根本から言えば、本作のヒーローがスパイダーマンである
必要性も感じない
。というかヒーロー足りえない気さえする。
ノリの軽いピーターは、最後にリザードを倒す迄に子どもを一人
助けただけで、映画内の市民の評価もマスコミの捉え方も分から
ないだけでなく、映画の鑑賞者にすら明確なヒーロー像が見えない。
ピーターがスパイダーマンたる理由、決意、責任が無い様に思う。

だから正体だってサラサラ隠す気は無いし、恋人の
グウェンに自らバラすし、リザードにもグウェンパパにも
容易にバレてしまう軽薄さ、羞恥心の無さ、脇の甘さ…。

ライミ版にはある、敵に正体がバレるかバレない
かの緊張感が無いだけでは無く、愛する者にすら
正体を明かせないジレンマも無い。
故に、ライミ版よりもスリルもドラマも無い

更には、ぶっちゃけアクションシーンも個人的には残念。
これだけ脚本が作り込まれていないのなら、アクションは
もっと「怒涛の…」って位に半端無いのが欲しかった。
なのに、求めていない笑いをアクションシーンで入れる
ヘッドホンで音楽を聴いてる教師が、後ろで闘っている
スパイダーマン達に気付かないという場面である。
ココで納得し難かったのが、教師のリアクションが
無く、わざわざのユーモアシーンをスカした事である。

本作は間違いなく一般層ウケを狙ったポップな作品である。
北野武監督作品『アウトレイジ』“指ラーメン”とは違うのだ。
スカして粋になるのではなく、リアクションしてライト層は笑う。
なので、あの場面は教師が後ろを振り返ってグッチャグッチャな
教室を見てリアクションするまでを映さないといけなかった筈だ。

そうなってくると、ライミ版より全てが下回っている
気がする・・・と思いきや、唯一改善された点がある!
そう、ヒロインが可愛くなっているのだ!!
あのさ、ぶっちゃけキルスティン・ダンストって…ねえ。
(キルスティン・ダンストのファンの方すみません…)
いやぁ、『ゾンビランド』のウィチタにドハマリした
自分にとって、ヒロインがエマ・ストーンなんて最高だね。

ド級の設定未熟罪ファッ○ン脚本罪の嫌疑は
あるものの、エマ・ストーンに免じて無罪だね(笑)

判決、無罪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スケ♪

Author:スケ♪
映画大好き、感想言いたい!
…というワケで(!?)
気ままに映画批評なエブリデイ!
折角だし裁判という形で行こう!

満足度は10段階の評価です。
有罪、無罪の判決をします。。
あくまでも一個人の戯言です。。。

個人的に好きな“お笑い”であったり
“hide”“Marilyn Manson”に例えて
語る事も有ったり無かったり…

●好きな映画監督
園子温(変態っぽい)
中島哲也(徹底してる)
クエンティン・タランティーノ(オタク)
●好きな役者
窪塚洋介(怪演王子)
ジョニー・デップ(昔はアウトロー)
エマ・ストーン(フツーに可愛い)

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アフィリエイト・SEO対策
国内格安航空券サイトe航空券.com
健やか総本舗亀山堂
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
英会話スクールWILL Square
無料コミュニティNOEL
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。