FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロメテウス (2012)

★★★★☆☆☆☆☆☆


―あらすじ―
2089年、世界各地の古代遺跡で共通のサインが発見される。
科学者のエリザベス・ショウはそれを分析して、地球外の
知的生命体からの“招待状”と確信する。そして巨大企業
ウェイランド社が出資した宇宙船プロメテウス号に乗り、
人類の起源を探るべく遥か彼方の惑星を目指す。
2093年、惑星に辿り着き、一緒に旅をしてきた他の乗組員、
公私にパートナーのホロウェイや女性監督官メレディス、
アンドロイドのデヴィッド等と共に調査を開始するが…。


監督は『エイリアン』リドリー・スコット
脚本はジョン・スペイツ、デイモン・リンデロフ
衣装デザインはジャンティ。イェーツ
主演は『ミレニアム』シリーズのノオミ・ラパス
共演は、ガイ・ピアーズ、ショーン・ハリス、
シャーリーズ・セロン、マイケル・ファスベンダー
等。

prometheus01.jpg

字幕派だけどさ、吹き替え版の
エリザベスが剛力彩芽って駄目でしょ!!



映像が綺麗だとか、世界観が壮大だとか。
それは好印象であるのは間違いないが、
本作に求めるモノ、本作がすべきコトは
そういった所では無い筈だ。

『エイリアン5』として製作決定したかと思えば
“『エイリアン』から独立した話となった”
愕然とさせられたが、一応は前日潭となっている。
そこの安心感はあれど、「これじゃない」感はある。

鑑賞前は、『エイリアン』で謎だったスペースジョッキーの
正体が分かる
っていう惹きポイントに加えて、“人類の起源”
が分かる
という宣伝文句も興味を引いた。

が、3D上映という事実はマイナスであった。
3D上映に関しては否定も肯定もしないものの、
本作で果たして必要なのかと聞かれれば、完全にNO。

『サンクタム』でもそうだが、スケールの大きさは
分かるし奥行としての3Dというのも分かるが、暗黒の
世界が舞台では3Dが活きない気がしてならない。
本作は『サンクタム』と違って怪物が出てくるものの、
出番は終盤でしかもオマケ程度なので、飛び出る感も
無く3Dである意味が感じられなかった。

とは言え、それ自体が作品にどうこう影響を及ぼす
訳でも無かったものの、一映画としても本作は見て
いて不可解で突っ込み所が幾つか見受けられた。
主な個人的突っ込み所12点を挙げていきたい。

prometheus03.jpg

①誰も彼もが、宇宙人が友好的であるという前提。
きっと、これは宇宙人が人類を敵とみなして殺戮する
際の衝撃性を高める為もあると思うが、違和感有り過ぎ。

②ハイテク手術マシンが男性専用という差別設定。
恐らく、帝王切開ではなく異物取り出しって事で手術
するエリザベスは機転が利くってアピールする為だと
思われるが、そもそもそんなアピールが必要無い。
っていうか、何故にエリザベスに感染したのだろうか。
性病の一種みたいなものなんだろうか…。

③活躍不足なヴィッカーズ(シャーリーズ・セロン)。
冒頭で、腕立て伏せをして目ヂカラ・アピールのセロン。
この感じでは、後々に何か仕出かしそうだと思わせるが、
勝手な予想を裏切り大した言動も無く、周囲を揺さ振る
事も無く、暗躍してくれずに残念であった。
最期(墜落する宇宙船からの逃走)に関しても、仮に
駄目だとしても「いやいや横に逃げろよ!」って思う。

④謎過ぎるアンドロイドのデヴィッド。
言葉は通じるとはいえ、スペースジョッキーの
船を操縦出来る事も意味分からないが、そもそも何を
考え何をしたかったのかが不明なので、とにかく謎だ。
さり気無く暗躍していたが、ホロウェイへの毒盛りに
関しても、エリザベスとの遣り取りが中途半端で曖昧。
また、冷凍睡眠中のスペースジョッキーの心音が何で
聞こえたのだろうか。心臓は冷凍されないんだろうか。

⑤ホログラムの柔軟性。
過去の映像がホログラムとして映し出される。何で?
更には、デヴィッドはホログラムの地球を手に取る。
綺麗だし幻想的な演出としても受け入れ難かった。
本作一番のビジュアル・シーンがその場面だったと
思われるが、それは『エイリアン』シリーズとして
違うのではないだろうか。
衝撃性や残酷度の高い場面でこそインパクトの有る
映像で無ければいけないのに、凝る部分が違う。

⑥スペースジョッキー=人類というぶっとび事実。
人類を創造したという仮説で動いているので、心の
準備は出来ていた筈だが、似て非なるファッ○ン・ホワイト
野郎(スペースジョッキー)のDNAが完全に人間と一致
という結果に納得し難い。
『新世紀エヴァンゲリオン』だって、人と使徒の遺伝子は
99.89%同じなのに、100%でそんなに違う存在
なのかと思わざるを得ない。しかもリアル路線の癖して。

⑦母は強し、でもエリザベス無敵過ぎ。
闘う女って事で正にシガニー・ウィーバーな感じだが、
開腹してホッチキスで止めただけで大丈夫なのかって
思っていたら、それ所かどんなに腹部にダメージを
受けても痛がる程度で走る、ジャンプする、動き回る。
更には、怪物を身籠った事を船員も知っているっぽい
展開ながらも、何故かそれについて触れない。

⑧短時間でイカタコ怪物が成長し過ぎ。
脅威アピールにしても遣り過ぎて萎える。
怪物のデザインも特筆し難いというか、印象に
残らない様なありきたりな見た目でガッカリ。

⑨状況把握が完全に出来ていない船員の特攻。
鑑賞者ならば全てを把握しているものの、映画内の
人物はそれが出来ていない。いきなり地球が滅亡する
と言われて自分の命を捨てて自爆なんて出来無いだろ。

⑩まさかの謎の持ち越し。
判明したのは“人類の起源”ではなく“エイリアンの起源”。
冒頭で説明したと言うには消化不良過ぎるし、答えは続編で、
と言わんばかりの終わり方は一つの作品としても不誠実。
宣伝文句が勝手かもしれないが、内容を知った上でよくも
まあ“人類の起源”と大々的に宣伝出来たもんだなぁ…。

⑪そもそも冒頭のスペースジョッキーも何だったのか。
彼が自らを犠牲にして、破壊されたDNAから人類誕生に
繋がったかに見えるが、スペースジョッキーの暴君ぶりを
見るに、何故に人類を誕生させたのだろうか。
いや、生命体を誕生させるだけで、人類の様に知性まで
持つとは想定していなかったかもしれないが、何にせよ
その意図は不明であった。

⑫そもそも“LV-223”に人類を招待したのか。
全てが仮説で、その惑星が軍事基地だったのかも
分からないが、何にせよスペースジョッキーの
遠回りな、回りくどさが感じられた。

prometheus02.jpg

以上、大まかな突っ込み所を挙げたが、
細かく分けて一つ一つ突けるし、厳しい
目で見たらもっとあるのかもしれない。

そういえば、社長は突っ込み所の象徴だった。
ホログラムにて「私はもう死んでいる」から
まさかの生存、かと思えば秒殺されてしまう。
何の為に出てきたのか、予想だにしない出来事に
見舞われたとはいえ、そもそも居るかも分からない
創造主に命乞いする
気だし、最早只のお馬鹿さんだ。
…そうか、これはコメディーだったのかもしれない。

⑬社長役がガイ・ピアーズ。
自分は『メメント』(2000)で知った俳優だが、
それ以前からテレビシリーズで主演を務めていて
『プリシラ』(1994)で映画デビューした有名サン。
そんなG・ピアーズは1967年生まれ。そう、まだ40代
なのに、わざわざ老人メイクして社長を演じている。
となれば、逆にもしかしたら本当に創造主の力により
若返るのかもしれないとも予想され、期待出来るのだ。
・・・って、それどころか秒殺じゃねえか!
・・・完全にギャグです。

お陰で(!?)劇場内には駄作臭が漂っていた。
終わるやいなや、速攻で帰る人もいたくらいだ。
なので、エンドロール序盤からすぐに画面が切り
替わり、エイリアン誕生の場面を見ずに終わった
人もいた。
それに関しては、折角劇場に見に来ているんだし、
エンドロール後にオマケがある映画は少なくない
ので、極力最後まで見てあげましょう(笑)

結局、スケールも大きい様で『エイリアン』としては
スケールは小さかったのではないだろうか。
というか、本作が『エイリアン』に続くと思うと逆に
『エイリアン』の世界観矮小に繋がる気がしてしまう。

っていうか、白い巨人サンの自己犠牲(!?)で
人類誕生って時点でぶっとび設定で付いて行けない。

そんな訳で端からの設定未熟罪
エリザベスの驚異の活躍ぶりは非現実罪過剰演出罪
謎の持ち越しラストは映画侮辱罪結末安易罪
新鮮味の無いクリーチャーはファッ○ン・デザイン罪
映像として凝る方向を間違えているベクトル相違罪
また、『エイリアン』に対して世界観矮小罪

判決、有罪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スケ♪

Author:スケ♪
映画大好き、感想言いたい!
…というワケで(!?)
気ままに映画批評なエブリデイ!
折角だし裁判という形で行こう!

満足度は10段階の評価です。
有罪、無罪の判決をします。。
あくまでも一個人の戯言です。。。

個人的に好きな“お笑い”であったり
“hide”“Marilyn Manson”に例えて
語る事も有ったり無かったり…

●好きな映画監督
園子温(変態っぽい)
中島哲也(徹底してる)
クエンティン・タランティーノ(オタク)
●好きな役者
窪塚洋介(怪演王子)
ジョニー・デップ(昔はアウトロー)
エマ・ストーン(フツーに可愛い)

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アフィリエイト・SEO対策
国内格安航空券サイトe航空券.com
健やか総本舗亀山堂
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
英会話スクールWILL Square
無料コミュニティNOEL
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。