FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アベンジャーズ (2012)

★★★★★★☆☆☆☆


―あらすじ―
国際平和維持組織“シールド”で研究中だった
“四次元キューブ”が邪悪な神ロキに奪われる。
地球は史上最大の危機に直面し、長官ニックは
スーパー・パワーを持つヒーローを集めて、最強
チーム“アベンジャーズ”の結成を決断する…。


監督・脚本は『セレニティー』ジョス・ウェドン
原案はザック・ペン、ジョス・ウェドン
出演
アイアンマン    …ロバート・ダウニー・Jr
キャプテン・アメリカ…クリス・エヴァンス
ハルク       …マーク・ラファロ
ソー        …クリス・ヘムズワース
ブラック・ウィドウ …スカーレット・ヨハンソン
ホークアイ     …ジェレミー・レナー
マーベル・コミックが誇るスーパー・ヒーローが
集結したSFアクション超大作。144分。

avengers01.jpg

本国でも世界でも、相当のヒットだとか。
歴代最高の北米オープニングを記録し、史上最速での
世界興行収入10億ドル突破など多くの新記録を樹立!
世界での初動成績は3億9250万ドルであり、歴代3位の記録!
既に世界興収では8月20日(月)までの集計で14億8150万ドル!
1位『アバター』の27億ド8230万ドル、2位『タイタニック』
の21憶8520万ドルに次ぐ、堂々の3位の位置を占めている!
全米歴代興収では6億1760万ドルを記録している!!

ただ最初に確認しておきたいのは、格別
本作の脚本が優れてはいない
という事である。
勿論、主役級の人物6人がそれぞれ活躍して
一つの作品に纏まっているのは凄いとは思う。
っていうか、それで十分で内容なんて無くてもいい(暴論)
ヒーローが格好良くて各々が活躍していればそれでOK。

では何故これ程までに反響があるのか。
それは勿論、アメコミ(マーベル)のヒーローが
揃い踏みするドリーム映画であるからに他ならない。
『エクスペンダブルズ』でアクション・スターが
勢揃いするのと同様、一人ひとりが主役級という
有り得無いメンツの夢の共演に話題性も期待度も
非常に高くなるのだ。

個人的には、アメコミに疎い方で実写映画化されれば
見る程度なので「原作と比べると…」なんて考えもしない。
なので、実は大したワクワク感も無かったりする(笑)
というか、「日本よ、これが映画だ!」と上から目線の
宣伝文句に寧ろ引っ掛かり、「そんなに凄くなくね!?」
と思っちゃったし…(焦)
アメリカでの驚異の興収に驚きもしたが、予想以上に
オタクが多い(!?)って事に一番驚いてたりする(笑)

avengers02.jpg

本作でのヒーローはホークアイ、ブラック・ウィドウ、ソー、
ハルク、アイアンマン、キャプテン・アメリカ
の6人である。

正直、他の超人を想うとホークアイとブラック・ウィドウは
飽くまでも人間離れした人間であり、悪く言えば彼等の所為で
SFヒーロー映画としての世界観が下げられた
気がしてしまう。
それこそ、『エクスペンダブルズ』のメンバーが混じっていても
通用するし、『ボーン』シリーズのジェイソン・ボーンがいても
通用してしまう。
弓を射るホークアイも身のこなし抜群のブラックウィドウも
カッコイイから問題無いけども。
あっ、ただホークアイに関して言えば、時折お笑い芸人の
山崎邦正を思い出せる顔立ちをしており、ヒーローとして
個人的には違和感を覚えた(笑)

そう思うと、逆の意味でソーも苦しかった。
本作の登場人物の中では、人間以上に人間だった(笑)が、
その世界観すら崩し兼ねない彼がパーティーに属している
のも可笑しな話で、っていうか神様なんだもんな…(笑)

ハルクは、そんなソーにも引けを取らなかったし、
場合によっては本作最強とも言える活躍を見せる。
それ故に出番が限られた気もするが、それを感じ
させない活躍を見せてくれる。

アイアンマンは万遍無く出てたし活躍していた。
博士で頭も良ければお金も有り、適度に強くも分かり易い
弱点もあって、憎まれ口も叩くがメンバーの潤滑油でもあり、
確かに使い勝手が良い。
最初は、映画がヒットしたからって予告編もポスターも
アイアンマンで客寄せし過ぎって思ったけど、見方に
よっては本当に“アイアンマンと5人の仲間達”だった。
でも、個人的にも一番知っているキャラだったし一番好き
だから本当にそれでも良かったかな(笑)

キャプテン・アメリカも何気に残念臭かった気はする。
コスチュームがダサイし(笑)…ファンの方すみません。
ただ、映画内でも本人がそれを気にしていたのは笑った。
それぞれに見せ場があり、彼も勿論活躍していたが、その
度合いがやや低めだった気もして、その意味で残念なのだ。
それ故に、少しでも存在感をアピールする為に、メンバーに
指示を出したり人助けをしているカットがあったんだと思う。

avengers03.jpg

という訳で、ヒーロー6人が一堂に会した事は凄いと同時に
期待を上回る程のドリーム感が無かったというのが正直な所。
更には、煽りに煽った「日本よ、これが映画だ!」という
宣伝文句を思い出すと、確かにお金懸けてドッカンバッカン
してはいるけど、遣っている事はチープで古臭いもんなぁ…。

“四次元キューブ”の管理も杜撰な気がする。
本作の前に『ダークナイト ライジング』を見て、核の描写には
残念だったが、攻撃大好きアメリカさんは攻撃する事は大好き
でも核に代表される兵器への脅威の認識は薄い
のだと感じられる。

話の展開に関しては、チームの不和からの融和・団結は
描かれているものの、チームが纏まった事を知らない筈の
ソーとハルクも馴染んでいるのは違和感を覚える。
というか、戦争が始まって現場に駆け付けたバナー博士が
平然とハルク化しちゃう展開も引っ掛かってしまう所だった。
自己抑制出来無くてテンヤワンヤだったのにもう平気なのか。
戦争前に克服する1エピソード入れておくべきだった。
ふと『ONE PIECE』のチョッパーを思い出し、あの子も
もう暴走しないんだし…なんて思った。…いや関係無いけども。

その代わり(!?)ジョークも利いてて笑いながら楽しめた。
ハルクが強過ぎて、全力を出すには敵が弱過ぎる程だったのも
笑い所で、立ちはだかるべきロキが完全に雑魚なのも大笑い。
…が、同時に残念でもあり、盛り上がりに欠けてしまった。

戦争が始まったというのに絶望感が無いのだ。
お祭り映画だしシリアスでヘヴィーでハードな雰囲気になんて
ならなくていいが、もう少し張り合いのあるバトルが望まれた。
戦争中の個々のバトルで超絶カッコイイ場面はあるが、
全体としては仲間同士の小競り合いのが盛り上がった。

『GANTZ』のカタストロフィ編に於ける巨大な宇宙人と
バトルされたら、画面の収まりも悪く盛り下がるからそこは
心得ていたが、『スカイライン‐征服‐』『世界侵略:
ロサンゼルス決戦』
と変わり映えしない敵のデザインに
軽く落胆しつつ、敵の弱さには激しく落胆。

っていうか、ラストのアイアンマンの見せ場も、個人的には
大して盛り上がらない。
アイアンマンよりソーが遣ればいいと思っちゃうし、というか
そもそも「ロケット“扉”に撃てよ!」って思っちゃうからだ。
あのままでは被害は広がる一方だが、一都市を壊滅させるには
余りに早い決断で驚かされる。
それに、そんな事をしたって“扉”は閉じないから根本的に解決
しない筈で、どういう思考回路の元で至った決断なのだろうか。
そうする、そうなる展開の説得力に欠けてしまうと、折角の
燃える展開もイマイチ身が入らない出来になってしまうのだ。
細かい事は気にしちゃいけないお祭り映画にも限度はある筈。
だからせめて「何処ぞの侵略者に征服される位なら、俺達の
手で自ら滅んでやる!」
ってクレイジーな展開だったら心から
突っ込めたのにな…(笑)

avengers04.jpg

まあヒーロー6人のそれぞれの活躍に、6人が集結した
画もあって押さえるべき所は押さえているし、ファンに
とったら細かい事は気にならならい様な、パワフルで
ドリーミーな映画
なのだろう。
ヒーロー同士の掛け合いも堪らないだろうし、ユーモア
溢れていてそんな所でも楽しませてくれるし。
最後の“オマケ”もシュールで笑えるし。
“オマケ”では、(飽くまで個人的に)キャラ設定的に
無理があって、馴染んでいないソーが只の金髪コスプレ
野郎
で余計に笑えた(笑)

既に続編の製作も決まっているらしいが、次はもう少し
突っ込み所を減らして、純粋にお祭り騒ぎして欲しい所。
また、マーベルって事でスパイダーマンにも出て欲しいけど、
パワーバランス的に無理があるかなぁ…その知名度の反面、
超人度で言うと他のヒーローの前では霞んじゃうもんなぁ…。
まあいいや、何だろうがどうなろうがきっと続編も見るし(笑)

判決、無罪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スケ♪

Author:スケ♪
映画大好き、感想言いたい!
…というワケで(!?)
気ままに映画批評なエブリデイ!
折角だし裁判という形で行こう!

満足度は10段階の評価です。
有罪、無罪の判決をします。。
あくまでも一個人の戯言です。。。

個人的に好きな“お笑い”であったり
“hide”“Marilyn Manson”に例えて
語る事も有ったり無かったり…

●好きな映画監督
園子温(変態っぽい)
中島哲也(徹底してる)
クエンティン・タランティーノ(オタク)
●好きな役者
窪塚洋介(怪演王子)
ジョニー・デップ(昔はアウトロー)
エマ・ストーン(フツーに可愛い)

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アフィリエイト・SEO対策
国内格安航空券サイトe航空券.com
健やか総本舗亀山堂
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
英会話スクールWILL Square
無料コミュニティNOEL
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。