FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るろうに剣心 (2012)

★★★★★☆☆☆☆☆


―あらすじ―
明治になって10年。
幕末に暗殺者“人斬り抜刀斎”として名を馳せた男は、
緋村剣心と名を変え、“不殺(ころさず)の誓い”に
従い斬れない刀“逆刃刀”を手に流浪の旅を続けていた。
その頃、東京では“人斬り抜刀斎”を騙る男が
無差別な人斬りを繰り返していた。
亡き父の道場を引き継ぐ女剣士・神谷薫は、抜刀斎を
名乗る男に立ち向かい、危うい所を剣心に助けられ…。

監督は大河ドラマ『竜馬伝』大友啓史
アクション監督は『リアル鬼ごっこ』
『カンフーくん』『カムイ外伝』
谷垣健治
脚本は藤井清美、大友啓史
主演は『BECK』の佐藤健。
共演は武井咲、吉川晃司、江口洋介、香川照之ら。
和月伸宏の同名漫画の実写映画化。
アクション・エンターテイメント。134分。

ruroken01.jpg

剣心を演じる佐藤健は普通にイケメンである。
薫を演じる武井咲(えみ)は、可愛いと同時に
悪気はないけれどゴリ押しなイメージがある。
そんな二人で漫画原作の実写化をする辺り、
エンターテイメントである以上にアイドル映画
としての映画作りがなされている様に感じられる。
・・・いや、いいんだけどさ。

あっ、それと一つ先に言うなら、明治になってからの
剣心の登場で「おろ?」の一言は許せるけれど、それ
以降は「○○でござる」も含めてキツイ、ただただ無理
がある。マジ止めて欲しかった(笑)

ruroken02.jpg

見ていてまず思った事は香川照之、楽しんでるなって事だ。
『あしたのジョー』『カイジ』にも出演していた彼、明らかに
“そーゆーキャラ”を演じる事を楽しんでいるって思われる。

そういえば、過去に薬物で捕まった事でも有名なロバート・
ダウニー・Jr
は、高評価を得ている演技派としても有名で
あるが、『アイアンマン』シリーズでのヒーロー役もハマッて
いるし、活き活きしていて何よりも本人が楽しんでいる様だ。
役者として確固たる地位を築くと同時に、多くのキャラクターを
演じた今、マンガ原作のぶっとびキャラを演じる事が逆に新鮮で
面白いのかもしれない。

と、話を戻して…。
鑑賞前は、「優しいヤツほど気をつけろ。」という
キャッチコピーには「訳分かんねえよ!」なぁんて
思ったし(見ても納得いかない宣伝文句だったけど)、
これは原作強姦罪だなっていう臭いがプンプンだった。

そう、本作は週刊少年ジャンプで人気を博した少年漫画の
実写映画であり、ハードルも高くなるし個人的にも好きな
漫画の一つだったので、抵抗感があった。

アニメも見ていたが、JUDY AND MARYの“そばかす”や
川本真琴の“1/2”等の主題歌にもハマッたのを思い出す。
それからSIAM SHADEの“1/3の純情な感情”も。
とは言っても、当時はJUDY AND MARYの事はよく知らず、
解散してからソロになったYUKIを好きになった。
マリリン・マンソンhideばっかり聴いていた時に、
たまたまMTVで見た“ふがいないや”のPVに見入ってた。
更に“JOY”を聴いて完全にハマッた。
元々マンソンも“Rock Is Dead”から好きになったが、
どうやら電子系が好きでYUKIにもハマッたのだ。

ってまた話が変な方向へ行ってしまったが、言いたい事は
アニメ版と比べて、主題歌はイマイチ印象に残らないのだ。
劇中のBGMもイマイチ乗れない出来だった。
個人的には音楽って結構重要だったりするのだ。

ruroken03.jpg

まあとりあえず音楽は置いといて、もっと重要となる
アクションに関して言えば、“それなり”に満足した。
殺陣のカッコ良さもあるし、時折過剰な気もするが格好良い。
『グリーン・デスティニー』でワイヤーアクションによる
ナイス画面作りに感動しつつも、そこから全く進歩しない
本作のワイヤーッぷりは安っぽく、如何にもな感じだった。
だって、ワイヤーこそ見えないけれど、コレッて思っくそ
「吊られてんじゃね?」っていう不自然さをむっちゃ感じる。

江口洋介演じる斎藤一の必殺技“牙突”もお目見えするが、
それが技としてではなく隙を作る為だけに使われたのは残念。
しかも、その“牙突”こそがワイヤーによって不自然な場面
の一つとなってしまっている。ワイヤーなだけに浮いてます
とワザとなのかと思ってしまう(嘘)

再現度がどうかは別として、原作ファンからしたら、剣心が
必殺技を一つしか披露していない
のも物足りないと思うかも。
ぶっちゃけ神谷活心流(かみやかっしんりゅう)もよく分から
ないが、飛天御剣流(ひてんみつるぎりゅう)もよく分からない。
別に流派についてどうこう遣らなくてもいいが、サービスとして
色んな技を披露してくれたら良かったな、と。

そういえば、“偽者の抜刀斎”鵜堂(うどう)は何故に
神谷活心流を名乗っていたのだろうか、それも謎だった。
細か過ぎてゴメンナサイ状態だけれど、終盤で香川照之
演じる観柳(かんりゅう)が建物二階からお金をバラ撒く
が、大した風も無い筈なのにやたらと宙に舞っているのも、
演出と分かっていても「おいおい…」と思ってしまう。

更には、左之助によって大衆の面前で“人斬り抜刀斎”と
バラされた以上、剣心はあのまま道場に居られない筈だ。
周囲は飽くまで“人斬り抜刀斎”に実は真犯人がいる
なんて知らないし、殺人鬼が目の前にいると思って
大わらわになっちゃうだろう。そこに全く触れないけど。
流浪人の彼なら今迄に色々な経験をしてきただろうし、
サッと新たな地へ行っちゃい兼ねないし、っていうか
最初に道場が襲われた時にタイミング良く駆け付けた
意味が分からない。
ちょっぴり現実主義な自分にとっては不可解だらけ

まあでもいっか、これはエンターテイメントだ。
細かい事には目を瞑って楽しめばいいのだ、きっと。
それにしても、原作の一話を読むと、映画版はテンポが
悪いとは言わないけれど、まどろっこしいなぁとも思う。
実写化に伴い、薫と弥彦がしゃしゃり出てくると鬱陶しく
なるし展開にブレーキが掛かる
し、見ていても面倒臭い。
テンポも、ウザイ二人もギリギリ許容範囲ではあったが。

ruroken04.jpg

最後にもう一つだけ言うと、どうもテーマ性が薄い
鵜堂が“抜刀斎”を名乗るのも、剣心の刀を使って
いるからだろうし、刀が血を吸う事を欲して鵜堂が
狂ったと考えられる。
が、それに関しての描写は全然無く、刀に全く触れない。
っていうか、ぶっちゃけそれぞれのキャラが掘り下げ不足
だが、ラスボスくらいはもっと作り込んで欲しい所である。

剣心も、自分の剣が使われている事に気付かない。
それに気付いてこそ、過去の自分と向き合い、心から
“不殺の誓い”を立てて逆刃刀の剣心として覚醒して
自己と向き合うって展開にすべき
だったのに。

これでは、“イケメン”佐藤健と“ゴリ押し”武井咲による
アイドル映画でしかない
気がしてならない。

判決、無罪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スケ♪

Author:スケ♪
映画大好き、感想言いたい!
…というワケで(!?)
気ままに映画批評なエブリデイ!
折角だし裁判という形で行こう!

満足度は10段階の評価です。
有罪、無罪の判決をします。。
あくまでも一個人の戯言です。。。

個人的に好きな“お笑い”であったり
“hide”“Marilyn Manson”に例えて
語る事も有ったり無かったり…

●好きな映画監督
園子温(変態っぽい)
中島哲也(徹底してる)
クエンティン・タランティーノ(オタク)
●好きな役者
窪塚洋介(怪演王子)
ジョニー・デップ(昔はアウトロー)
エマ・ストーン(フツーに可愛い)

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アフィリエイト・SEO対策
国内格安航空券サイトe航空券.com
健やか総本舗亀山堂
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
英会話スクールWILL Square
無料コミュニティNOEL
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。