FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオハザードⅤ リトリビューション (2012)

★★★★★★★☆☆☆


―あらすじ―
“アルカディア“にいるアリス達の前に、かつて
ラクーンシティ脱出時に行動を共にしていたジル
率いるアンブレラ社の特殊部隊が立ちはだかり、
壮絶な銃撃戦の末、アリスは海へ転落し意識を失う。
目を覚ましたアリスは謎の実験施設のに囚われていた。
ジルに執拗な拷問を受けるが、突然、セキュリティ・
システムが停止し、独房の扉が開く…。


監督・脚本はポール・W・S・アンダーソン
撮影はグレン・マクファーソン
音楽は前作同様のトムアンドアンディ
主演はシリーズ通してのミラ・ジョヴォビッチ
共演はミシェル・ロドリゲス、シエンナ・ギロリー、
ショーン・ロバーツ、ヨハン・アーブ、中島美嘉
ら。
シリーズ第五弾となるSFホラー・アクション。96分。

ritori01.jpg

面白かった!
ドッカンバッカン遣ってて派手だがテンポも良い。
『2』以降からの目的不明な当て所の無いアクション旅
不満を解消すべく、原点回帰の様な『1』同様のダンジョン
脱出で目的も明確
で見る側にとって優しい作りとなっている。

『アベンジャーズ』の予告編で「日本よ、これが映画だ!」
と上から目線だったのは頂けなかったが、もし自分が本作の
予告編を作るなら、「るろうに剣心よ、これがアクション・
エンターテイメントだ!」
と言いたくなるスピーディーで
迫力有るアクション映画であった。
序盤は逆再生という工夫に何の意味があるか分からなかった
が(笑)、それでも音楽のカッコ良さで只管に煽られる感覚
で堪んない程に興奮してしまって、後々への期待を募らせる。
自分で思っていた以上に本作を待ち望んでいた事に気付くと
共に、期待を裏切らないアクションが繰り出されて大満足。

ritori02.jpg

ただ、本作に対して低評価な人がいるのも分かる。
単純に施設からの脱出だけで物語は進行していない
様に見えるし、そして何より唯のキャラクター映画
にも見えてしまう
からだ。

しかし、五作目としての本作の立ち位置を考えれば、
そんなマイナス面こそ評価すべき点だったりする。
施設脱出に向け、各ステージ毎のバトルは本来の
ゲーム的要素に立ち返っているし、「東京」「NY」
「モスクワ」毎に“アンデッド”“マジニ”“リッカー”
と敵も強大なモノとなりアクションに関しては最早
言う事無しの大迫力
であった。
ステージを追う毎に、映画世界の中でのバイオハザード
進行が見て取れる
のも面白い。

そしてそれは、過去四作品の登場人物が今回復活した事で
繋がっていき、最終目標となる新の敵も遂にお目見えする。
中島美嘉演じる第一感染者に、シエンナ・ギロリー演じる
ジル・バレンタイン、(他にもいるけど)何よりも一作目の
レッド・クイーンが再登場するのだから。
本作を以っていよいよ次が最後ですね!?とも思えるし(笑)
実は好きなシリーズでありながら、終わりが見えない続編も
モヤモヤしちゃうから、次で綺麗に締めて下さい!!(笑)

ritori03.jpg

劇場で『バイオハザード ダムネーション』の予告編で
知ったがどうやらレオンもゲームの登場人物らしく、
そこもゲームファンも喜ぶポイントだと思うし(逆に
イメージと違うってマイナスになっているかもだが)、
そんな彼が本作に登場した時点で「コイツ生き残るな」
と思って二重に笑えた。

そのレオンに関しては、ゲームでは主役級らしいので
やっぱりゲームファンからしたらその扱いに不満かも
しれない。
ジルは特別待遇の如き過保護ぶりに大活躍も見せていた
が、それは満を持しての再登場という事で分かるものの、
やっぱりアリスが最強過ぎてレオンもエイダも結局の所
普通の人間でしかなかった

場違いなドレス姿で肌を露出したエイダが氷上でしばし
倒れていたのは成程確かに“タフ”で常人以上だったが)

にしても、キャラ総出演とも言うべき本作で、何故か
クリスとクレアのレッドフィールド兄妹が登場しない
前作、前々作で出演したのに…。次作で出るのかな…敵で?

ritori05.jpg

そういえば、“モスクワ”のゾンビはチェーンソーや
ロケットランンチャーを使うだけでなく、車もバイクも
乗りこなしていて驚かされたが、終盤の水中ゾンビを
見て、駄目押しと言わんばかりに「最早ゾンビに非ず」
状態
と思いつつ、『サンゲリア』を思い出してユーモア
有る場面でもあった。

とは言え、ここも人によっては突っ込み所になるだろう。
個人的には飽くまでも“T‐ウイルス”であって一般的
イメージのゾンビと必ずしもイコールではない
ので許容の
範囲内であったが。
確かに迷場面とも言える(!?)海の底から次々に
湧いてくるゾンビ群
ではあるが、強烈な印象を残す
場面にもなっている。

それにしても、あれだけ無敵だと海中の生物にまで
“T‐ウイルス”が蔓延して(過去作で犬や鴉にも
感染していたし)、いよいよ以って世界が終る、
人間がどうしようと他の生物がほぼ絶滅してしまう
のではないかと心配になってしまう。
が、本シリーズの監督(『2』『3』除くが)は
格好良い奥様(ミラ・ジョヴォビッチ)が撮れれば
いいだけで、そこに関しては考えていないだろうし、
最後にアリス達人間が勝利すれば万事OKになりそう(笑)

そんな水中ゾンビ群に捕らわれたレイン。
彼女もまた次作で登場すると思われる。
というか最後の台詞は絶対“フリ”だよね!?(笑)

そんなレイン、木多康昭の漫画『喧嘩商売』内の
必殺技“金剛”を思わせる攻撃を繰り出して笑わせる。
っていうか、肉弾戦になったと思えば、昭和のアニメが
遣りそうな体内が透けて骨が折れるってベタベタな表現。
もしかして意識して日本的な表現を取り入れてるのかな。

ritori04.jpg

と、本作を楽しみながらも何気にチョイチョイ
突っ込み所は有る訳で、ただシリーズ五作目としての
在り方、出来の事も踏まえると全然大丈夫だし、完結
に向けた一作と思うとだいたい大丈夫ってなる(笑)

そりゃあ確かにふと考えれば、“アリス計画”って
何だったの!?
とか突っ込み所がすぐに思い浮かん
じゃうけれど(笑)
それから、最早お決まりとなった目覚めたアリスの
お色気シーンも、今回は前後に布一枚というイミフ状態。
misonoに対抗した“エロみっともない”つもり!?

そんな本作に文句を言うとしたら、『3』のエンドロール
にて倖田來未の楽曲が流れたのと同じく、本作では最後で
中島美嘉「明日世界が終わるなら」が流れる。
マジ止めて(笑)
全世界共通ならまだしも、日本版だけっていうのがね…。

あっ、冒頭で総集編の如く過去四作を振り返ったのは、
鑑賞者や新規の人には優しいけれど、個人的には要らな
かったし長かった。アクションをその分カマして欲しい。
と、それでも96分只管にアクションを楽しませてくれた
し、注射器一本で超人になったり常人に戻ったりしちゃう
ノータリン展開
も含めて真面目にバカ遣ってて面白かった。

判決、無罪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これは稀に見るバカ映画でしたね
しかも狙ってる系のではなくてなっちゃった系の

ちなみにクリス クレア ウェスカーレオン ジル
バリー カルロス 残念なエイダ
シェリー シェリーの父 は全てゲームでも登場している人物ですね。
アリスは映画でのオリジナルキャラです
完全にゲームを再現しろとは言いませんがもう少し設定をどうにかしてほしかったですね
ゲームではゾンビは食物を摂取できないと1週間くらいで死んでしまうという設定ですし(カロリー消費が半端ないため 飢え死にする)
なぜかゾンビが水中でも生きてるっていうのも意味不明ですし
まぁそれはまだいいとして「いつ終わるの?これ」感がヤバイです
アリス計画は結局 無駄設定でしたしさすがに壮大になりすぎていると思いますね
そして最後の「タイマンでの殴り合い」
なんじゃこりゃ バイオ見にきてるやつがそんなシュワちゃんがするような殴り合いを見たいと思ってるわけないでしょ モンスターを出せモンスターを

> ゲームではゾンビは食物を摂取できないと
1週間くらいで死んでしまう

そんな設定があったんですね、知らなかった。
映画の世界だと、人間とゾンビの比率がえげつない
ので、自然とゾンビ社会も落ち着いてくれそう(笑)


最後の肉弾戦は、ゲームは未プレイですけど確かに
バイオ感は無い普通のアクション映画状態ですね(汗)
人気キャラ(!?)同士が闘い、最後は洗脳も解けて
次作へ向けて再び協力するっていう少年漫画の如き
熱きキャラクター映画と化しています。
でも、好きです(笑)
同時に、次が完結編である事を切に願って…
プロフィール

スケ♪

Author:スケ♪
映画大好き、感想言いたい!
…というワケで(!?)
気ままに映画批評なエブリデイ!
折角だし裁判という形で行こう!

満足度は10段階の評価です。
有罪、無罪の判決をします。。
あくまでも一個人の戯言です。。。

個人的に好きな“お笑い”であったり
“hide”“Marilyn Manson”に例えて
語る事も有ったり無かったり…

●好きな映画監督
園子温(変態っぽい)
中島哲也(徹底してる)
クエンティン・タランティーノ(オタク)
●好きな役者
窪塚洋介(怪演王子)
ジョニー・デップ(昔はアウトロー)
エマ・ストーン(フツーに可愛い)

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アフィリエイト・SEO対策
国内格安航空券サイトe航空券.com
健やか総本舗亀山堂
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
英会話スクールWILL Square
無料コミュニティNOEL
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。