FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベリオン (2002)

★★★★☆☆☆☆☆☆


―あらすじ―
第3次世界大戦後、生き残った指導者達は戦争の
要因となる人間のあらゆる感情を抑止させるべく、
精神に作用する薬“プロジウム”を開発し、これを
国民に毎日投薬する事を義務付けた管理国家体制を敷く。
反乱者は、クラリック(聖職者)の称号を持つジョン・
プレストンを中心とした警察に厳しく処罰される。
銃を用いた武道“ガン=カタ”の達人でもあるジョンは
ある日、誤ってプロジウムの瓶を割ってしまって…。


監督・脚本は『バーバリアン刑事』カート・ウィマー
製作はヤン・デ・ホン、ルーカス・フォスター
主演は『アメリカン・サイコ』クリスチャン・ベイル
共演はエミリー・ワトソン、アンガス・マクファーデン等。
SFアクション・サスペンス。106分。

Equilibrium.jpg

従来のガン・プレイに東洋武術の“型”を取り入れて、
より合理的な戦闘スタイルとしてカート・ウィマー監督
自ら考案したという“ガン=カタ”で魅せるアクション。
そのアクションっぷりは単純に面白いしカッコイイ。

ただ、少しでも立ち止まって考える余地が出来ると、
クリスチャン・ベイル演じるジョンは、幾ら何でも
敵の銃弾が当たらな過ぎるし、自分の弾は当たり過ぎる。
まるで奥浩哉の漫画『GANTZ』での「ガンツは
いい加減だから」という言い訳の如く、「ジョンは
一流のクラリックだから」と開き直っていそうだけど。
合理的な戦闘スタイルという以前に現実的ではないのだ。
如何に格好良く見えればいいのか、それだけに特化した、
完全なるノータリン・アクションなのだ。

これは批判ではなく、褒め言葉。
個人的評価が10点満点中では4点なのも決して低評価
な訳ではなく、確かにストーリーに関してはクソウ○コ
なんだけど、飽くまでアクションのみで得た点数であり、
それだけで4点も得た高評価という認識のもと、凄いのだ。

「マトリックスを超えた!」という宣伝文句には
「そうでもないけど…」と思ってしまう所もあるが、
アクション要素に魅せられるのは確実。

ただ、それでも難を言うなら、というか個人的に
求めていたのは、如何に“ガン=カタ”が実用的
なのかという作品内に於けるアピールである。
同じ“ガン=カタ”使いではなく、単純に銃を使う
敵を始め、空手や柔道、クラブマガやシラット等の
武術を有する敵との異種格闘技戦が見たかった。
木多康昭の漫画『献花商売』の「最強の格闘技は
何か」に応えるべく、タカアンドトシタカの様に
「俺だ俺だ俺だ俺だ俺だー!」と連発しちゃう位の
最強宣言が欲しかったのに(嘘)

ラスボスがずっと会議室なデュポンだし、ずっと
現場でバリバリ人を殺してきたジョンに勝てる訳も
無く、折角のアクションも締めで決まらなかった。
余計に誰か別の強者が望まれた。
『喧嘩商売』の櫻井裕章とかね!
っていうか、好い加減『喧嘩商売』再開して!(泣)

話を戻して…。
少し述べたが、アクションは良いが問題なのは
ストーリー、というか設定からして無理があった。
「感情違反」っていうのは面白いけれど、何がどう
しようと“「無感情」という前提”からして無理

あらゆる感情を抑止する薬“プロジウム”は良し
として、その瓶をジョンは誤って割ってしまうが、
その時点でもう感情を抱いている気がしてならない。
同僚のブラントも、感情出しまくりなジョンに対して
怪しむ程度で最初は気付かないのもどうかと思う。
っていうか、ブラントも副総裁デュポンも見ていて
普通に感情がある様にしか見えないんだよね。
暗躍しそうなジョンの息子も普通に“プロジウム”
投与していなかったし、案外バレないもんなのね。

というか、“プロジウム”の投与が自己責任って
いうのには驚いたし、チェック機能が全然無いから、
そりゃあ違反者もいっぱいいるだろっていう…(呆)
妻が捕まってどうだったかとか、感情の発露の定義
がよく分かんないし、そうなってくると家族の定義
もよく分かんないし、だって恋愛感情もアウトなん
だろうし、そうなってくると家族に始まり社会すら
成立しない気がしちゃう。

という訳で、アクションだけで荒唐無稽な設定の
時点で無理がある設定未熟罪、設定破綻罪
『ウルトラヴァイオレット』とか『ソルト』とか、
カート・ウィマーが脚本を手掛ける時は、現実的な
視点を持った脚本家がもう一人必要だと思う(笑)
という事でファッ○ン脚本罪

判決、有罪

リベリオン-反逆者- [Blu-ray]リベリオン-反逆者- [Blu-ray]
(2009/06/03)
エミリー・ワトソン、クリスチャン・ベール 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スケ♪

Author:スケ♪
映画大好き、感想言いたい!
…というワケで(!?)
気ままに映画批評なエブリデイ!
折角だし裁判という形で行こう!

満足度は10段階の評価です。
有罪、無罪の判決をします。。
あくまでも一個人の戯言です。。。

個人的に好きな“お笑い”であったり
“hide”“Marilyn Manson”に例えて
語る事も有ったり無かったり…

●好きな映画監督
園子温(変態っぽい)
中島哲也(徹底してる)
クエンティン・タランティーノ(オタク)
●好きな役者
窪塚洋介(怪演王子)
ジョニー・デップ(昔はアウトロー)
エマ・ストーン(フツーに可愛い)

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アフィリエイト・SEO対策
国内格安航空券サイトe航空券.com
健やか総本舗亀山堂
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
英会話スクールWILL Square
無料コミュニティNOEL
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。