FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッション:8ミニッツ (2011)

★★★★★★☆☆☆☆


―あらすじ―
列車の中で目を覚ましたコルター・スティーヴンスは、
見知らぬ女性から親しげに話しかけられて当惑する。
ほどなく列車内で大爆発が起きる。
再び意識を取り戻すと、そこは軍の研究室の中。
彼が体験したのは乗客全員が死亡したシカゴ郊外での
列車爆破事件直前8分間の犠牲者の意識の世界だった。
それは、次なる犯行予告の時間が迫る中、軍による
特殊プログラムによって死亡した乗客の意識に入り込み、
列車内を捜索して犯人を特定する極秘ミッションだった。
大役を任されたコルターだったが…。


監督は『月に囚われた男』ダンカン・ジョーンズ
脚本は『スピーシーズ3』『4』ベン・リプリー
主演は『ドニー・ダーコ』ジェイク・ギレンホール
共演はミシェル・モナハン、ジェフリー・ライト等。
監督のハリウッド進出第1作となるSFテクノスリラー。

mission8minutes.jpg

嫌いじゃないけど、駄目じゃないけど、死ぬ直前の
8分前に何度も遡れるってかなりのトンデモ設定だぁ。
『アジャストメント』の“運命調整係”よか全然良い
けど、この設定に躓いたら最早この先は楽しめなくなる。
個人的には余裕で許容の範囲内だけど。

で、その展開はテンポ良くスリリングでいいんだけど、
どうしてもグッドウィンに関しては、彼女の行為には
感動を覚えるけれど有り得無いって思ってしまう。
特にエリート線路に乗っかてる人は余計にやらない。
実はカルターを昔から知ってて惚れてたのよ的な設定が
あったらまだ分かるが、組織の一社員に過ぎない人間が、
しかもエリートウーマンが遣るのだろうか。
そこがどうも無理矢理な解決・感動展開に思える。

また、共感してくれる人は少なくないと思うが、
“あそこ”で終わらないラストは余分だった気がする。
“あそこ”で終わるバッドエンドの中の仄かながらも
ハッピーシーンは粋だし切なさ満載だと思うんだけど。
別に、“一般ウケ”の為に媚びてんの?とは思わないが、
小奇麗にハッピーエンドで締めるよりかは、後々にも
語り継がれる様な(言い過ぎかもしれないが)新鮮さと
印象を残す“あの場面”の方が相応しいエンドだと思う。
本作が監督のハリウッド進出作って事もあり、やはり
一般に受け入られ易い結末にしたのかって思っちゃう。

それに、頑張った軍人サンにとっての救済エンドでは
あるけど、枠から外れた仮想空間とはいえ、意識を
乗っ取られた(!?)元々の歴史の先生
は可哀想だ。
仮想の中で実際に死ぬ前に殺された様なモンじゃん。
そこには一切触れないんだっていう甘さと非情さに驚き。
脚本の時点で、製作過程誰か気付いて異を唱える、そんな
グッドウィンみたいな人はいなかったのかな…(笑)

と、そんな事を思いつつも、パズル的な話をテンポ良く見れる
し、何気にぶっとび設定だけれど、『月に囚われた男』に続き
魅力的なSFスリラーだった。
ダンカン・ジョーンズの監督三作目も必ず見る❤

判決、無罪

ミッション:8ミニッツ ブルーレイ+DVDセットミッション:8ミニッツ ブルーレイ+DVDセット
(2012/03/21)
ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スケ♪

Author:スケ♪
映画大好き、感想言いたい!
…というワケで(!?)
気ままに映画批評なエブリデイ!
折角だし裁判という形で行こう!

満足度は10段階の評価です。
有罪、無罪の判決をします。。
あくまでも一個人の戯言です。。。

個人的に好きな“お笑い”であったり
“hide”“Marilyn Manson”に例えて
語る事も有ったり無かったり…

●好きな映画監督
園子温(変態っぽい)
中島哲也(徹底してる)
クエンティン・タランティーノ(オタク)
●好きな役者
窪塚洋介(怪演王子)
ジョニー・デップ(昔はアウトロー)
エマ・ストーン(フツーに可愛い)

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アフィリエイト・SEO対策
国内格安航空券サイトe航空券.com
健やか総本舗亀山堂
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
英会話スクールWILL Square
無料コミュニティNOEL
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。