FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

POV(ピーオーヴィ) ~呪われたフィルム~ (2012)

★★☆☆☆☆☆☆☆☆


‐あらすじ‐
人気女優の志田未来と事務所の後輩である川口春奈が、
心霊現象が映った投稿動画を紹介する番組の収録中で、
画面に映った映像は予定の動画とは違うもので…。

監督・脚本は『リング0 バースデイ』『おろち』鶴田法男
出演は志田未来、川口春奈ら。
POV(Point of view)と呼ばれる主観映像を
駆使して描くホラー・ムービー。92分。

povnorowareta.jpg

予想通り(!?)フェイク・ドキュメンタリー
としてはクオリティーは低く、作られた感じが
余りにプンプンで恐くない、っていうか不愉快。
もしも自分がお笑い芸人だったら、「下衆の極み!」、
いや「地獄の鬼すら反吐吐く所業!」と心の底から
罵って遣っただろう。(BY.ハマカ―ン

冒頭での『シックス・センス』みたいな断り書きに
軽くイラッとしつつ(笑)、架空のテレビ番組撮影が
始まり、志田未来川口春奈のわざとらしい演技に
「敢えての演出?」と戸惑った。
見ていくと、どうやら意図せずの猿芝居仕様になって
いる様だし、仮にそれが演出だとしても笑えない代物。
普通はそんな言い方しないだろっていう台詞回しに
登場人物同士の関わり合いの如何にもな演技に辟易。
っていうか、「ラストは言っちゃ駄目」って書いてる
癖に、特筆すべきオチも用意されていないのだ(苦笑)

で、女優2人のみならず、更に輪を掛ける様に
スタッフのわざとらしい罵声や悲鳴が、恐怖を
増幅させる所か減少させる不思議効果を生む(笑)
というか、キャラ設定がどいつもこいつも凝り固まって
いる事もあり、余計に恐くない以上に不愉快に感じさせる。

女性ADが一人で声のしたトイレの様子を見に行くのも、
誰か一人じゃなくて皆で行けばいいじゃねえかよ!と思う。
皆で行けばまだ怖くないし、まあそうならない様に一人で
行かせる訳だけど、大事なのは一人で行かなければならない
状況を作り出す事
ではないのだろうか。
そういうホラー演出への意識が感じられないのだ。

しかも、一人で見に行った女性ADが消えてしまった後に、
彼女が持っていたビデオカメラを確認するホラー演出なんて
完全に「メリーさんの電話」のビデオ版じゃねえかよ!
更には、呪われたフィルムという副題はまるで『リング』だと
思ったが、そのビデオカメラの映像に映る女性は、テレビから
飛び出す事こそ無かったが完全に『リング』の貞子演出だし。


知り合いが『ONE PIECE』での感動描写に関し、
仲間になるキャラクターの過去編とかで登場人物がいち
いち真正面から泣くのが逆に白けるという事を言っていた。
個人的には『ONE PIECE』は好きなんだけれど、
此方が感動する前に感動アピールしてんじゃねえって
見方は出来ちゃうし(捻くれてる?)、その考えも一理
有ると思っている。(でも好きな漫画の一つだよ!)
ただ、映画とかでも正面からより“背中で語る”のが好き。
例えが絵本になってしまうが、佐野洋子『100万回
いきたねこ』
のイラストは苦手だけれど、その内容は勿論、
背表紙の演出は素晴らしい。

何が言いたいかと言うと、こちらが恐がる前にキャーキャー、
ワーワーと叫ぶのは仮にホラーな雰囲気作りが出来ていても
それが壊れてしまう場合があるって事だ。
『テキサスチェーンソー』みたいなノンストップな恐怖は
それがリアルだし、逃げ惑う若者と一緒にホラー真っ只中に
陥ってしまう効果はあるんだけれど…。

そういえば、AKB48に熱を上げてスッカリ鬱陶しく
なった(!?)小林よしのりの名作ギャグ漫画である
『おぼっちゃまくん』にて、恐さを払拭すべく代わりに
悲鳴を上げてくれる怖賀(こわが)リータなるキャラクター
がいたが、本作でも登場人物の狼狽える姿は恐怖を払拭して
くれる、ホラーとしての逆効果を発揮していた(笑)

クソ・ストーリーなのはどうしようも無いが、せめて
「ある意味、逆にピンポン」(BY.木梨憲武)な映画に
するのならば、“アイドル”・フェイク・ドキュメント
という認識を持って、女優2人のファンが喜ぶ様な、
本来は不必要な場面を盛り込んだファンサービス旺盛
の微温いアイドル・ホラーだったら良かった
んだと思う。

また、女優2人が本人役で出ているのだが、何故に
彼女等のマネージャーやスタッフは本人じゃないの
だろうか。
別にいいけど(笑)、出演者は少人数なんだしその
位は徹底出来る筈だ、本気で作り込む気ならば、ね。
その辺りからも本気度が伝わらないし、とりあえずの
ホラーってだけで熱量が感じられない映画になっていた。

演者は揃いも揃ってファッ○ン演技罪猿芝居罪
フェイク・ドキュメンタリ―としては完全に失敗
している演出杜撰罪、過剰演出罪、演出不快罪
終わりと見せかけて意外に長く続くのは蛇足罪
しかも、初っ端の“断り書き”の期待にも応えない
どんでん返しナシのファッ○ン・エンド罪
ホラーとしては完全なる緊張皆無罪、恐怖皆無罪
鶴田法男ファッ○ン監督罪、ファッ○ン脚本罪

判決、有罪

POV~呪われたフィルム~<Blu-ray>POV~呪われたフィルム~
(2012/06/29)
志田未来、川口春奈 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

レビューきてたー!
すごいボロクソに言われててなんかスカッとしました(笑
近くに映画について語りあえる人がいないのでなんだか嬉しいです(^^)

この映画の監督さんとしてはあのエンディングの後にまだ続けることによって視聴者を驚かせるつもりなんでしょうけど正直ありきたりでしたしね ある意味
「やっと終わったよ… え? まだ続くの!?(絶望)」 という驚きはありましたが


てかブルーレイあったの!?そこに一番驚きました(笑
プロフィール

スケ♪

Author:スケ♪
映画大好き、感想言いたい!
…というワケで(!?)
気ままに映画批評なエブリデイ!
折角だし裁判という形で行こう!

満足度は10段階の評価です。
有罪、無罪の判決をします。。
あくまでも一個人の戯言です。。。

個人的に好きな“お笑い”であったり
“hide”“Marilyn Manson”に例えて
語る事も有ったり無かったり…

●好きな映画監督
園子温(変態っぽい)
中島哲也(徹底してる)
クエンティン・タランティーノ(オタク)
●好きな役者
窪塚洋介(怪演王子)
ジョニー・デップ(昔はアウトロー)
エマ・ストーン(フツーに可愛い)

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アフィリエイト・SEO対策
国内格安航空券サイトe航空券.com
健やか総本舗亀山堂
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
英会話スクールWILL Square
無料コミュニティNOEL
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。